ケアプラザ矢板のブログ

老人保健施設・短期入所生活介護(ショートステイ)・通所リハビリテーションセンター、サービス付き高齢者向け住宅の矢板市の複合施設ケアプラザ矢板から情報を発信します。

TEL.0287-44-2011

〒329-2135 栃木県矢板市中2011-4 

通所リハ生活館

記事一覧

12/5(水)、ケアプラザ矢板で「学習療法」の伝達講習会がありました。(かさね生活館)

皆様こんにちは。ケアプラザ矢板 リハビリの薗部です。

突然ですが、「学習療法」ってご存知でしょうか?

先日、ケアプラザのリハビリ職員である宇藤さんが学習療法のシンポジウムに参加し、

伝達講習会を開いて下さったので、ここで紹介したいと思います。

学習療法は、国(文部科学省管轄)の共同研究プロジェクトから生まれた

「認知症の維持・改善を目的とした非薬物療法」です。
東北大学の川島隆太教授を中心とした共同研究プロジェクトで実証された理論をもとに確立され、
その検証結果は2005年にアメリカの学術誌
「The Journals of Gerontology」に掲載され、大きな反響を呼びました。

川島隆太教授といえば、「脳を鍛える大人のDSトレーニング」の開発者としても有名ですね。

具体的に何をすればいいのかというと、「毎日5~10分程」、

簡単な計算をなるべく早く解く、

新聞を声に出しながら早く読む(内容を理解しているかどうかより、早さが大切)、

早口言葉を言う、

しっかり褒める(計算プリントなどに点数を付ける時は大きく100点と書き、花丸も紙全体につける)

などが良いようです。

つまり、簡単な課題を解くことや、他者から褒められたり認められたりすることで脳が活性化し、

認知症高齢者の脳機能維持や改善、さらには高齢者の認知症予防に繋がるということですね。

学習療法を行う専門の「学習療法実践士」とその上位資格の「学習療法マスター資格」もあるようですが、

まずは当施設で学習療法をどう生かしていけばいいのか検討し、サービスの質を向上させていければと思います。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

 

通所リハビリに「よさこい」のボランティア「舞姫」が来てくれました!(かさね生活館)

皆様こんにちは!

ケアプラザ矢板のリハビリ担当、薗部です。

毎日寒いですね。12月に入り、今年も残すところ1ヶ月を切りました。

年越しまで、やり残したことが無いように頑張っていきましょう。

さて、本日ケアプラザには、お隣の塩谷町からボランティアの「舞姫」がきました。

ソーラン節など元気いっぱいの踊りを披露して頂き、利用者様も職員も元気を分けて頂きました!

ところで、ソーラン節とはどんな意味なのでしょう?

世界大百科事典 第2版によると、

北海道を代表する民謡の一つ。ニシン(鰊)漁で歌われる労作歌で,初めに〈ヤーレンソーランソーラン……〉と歌い出すところから名がつけられた。ニシン漁はその作業によって〈船漕ぎ音頭〉〈網起し音頭〉〈沖揚げ音頭〉などが歌われるが,この歌は〈沖揚げ音頭〉である。とったニシンを汲(くみ)船(運搬船)に移す作業を〈沖揚げ〉といい,この時に歌われるのが《ソーラン節》で,〈ヤーレソラソーラ〉と漁師たちを力づけ,囃したてる言葉とみてよい。」

とのこと。ニシン漁の歌だったんですね。

これから冷え込みが強くなっていきますが、体操やリハビリでたくさん体を動かして寒さに負けないようにしましょう!

勉強会 (全体)

こんにちは。

今日は、先日開催された「勉強会」のご紹介をさせて頂きます。

 

当施設では、日頃の業務以外にも委員会が設立されており、各委員会で色々な活動がされております。

11月10日に行われたケアプラザ祭りも行事委員会が主導して開催されております。

 

今回の勉強会はオムツ委員会主催で、年に1,2回職員のスキルアップを目的に勉強会を開催しています。

今回は、白十字の新井様を講師にお招きし、排泄関連からみる自立支援をテーマに講義をして頂きました。

人間の身体の約60%は水分で構成されており、高齢者は50%と水分量は低下してしまっている。

体内の水分は、栄養素を身体全体へ運搬、老廃物を体外へ排出、体温調性など様々な働きがある。

適度な運動と水分摂取により夜間の排泄量が減り、介助量も軽減されるなど様々な情報を提供して頂きました。

 

季節的にも乾燥している時期ですので、皆さまも十分な水分摂取や運動を行っていただければと思います。

 

通所リハビリでボジョレーヌーヴォーの解禁祝いをしました!(かさね生活館)

皆様こんにちは。

本日はボジョレーヌーヴォーの解禁日です。

ところで、なぜ解禁日が決まっているのか、ご存知でしょうか?

実は解禁日は、早出し競争による品質低下を防ぐため設けられました。

当初、ボジョレーヌーヴォーの解禁日は11月15日でしたが、この日が土日にあたるとワイン運搬業者がお休みになってしまうため、

1985年より11月の第3木曜日に改定されたそうです。

通所リハビリでは、利用者様に酔わない程度に少量のお酒とジュース提供したほか、

職員たちが真心込めて作ったお菓子を振る舞い、

にぎやかな解禁祝いとなりました。

(感染症を防ぐため、職員はマスクを着用していますが、満面の笑みを浮かべております)

普段はお酒を飲む機会が少ないので、久しぶりの飲酒に皆様ご機嫌です。

洒落たお菓子も食欲をそそりますね。

来年の解禁日にも元気に出席できるよう、日頃よりリハビリに取り組み

丈夫な体を作っていきましょう!

次回のブログもお楽しみに~。

ケアプラザ矢板祭り

11月10日(土)は「ケアプラザ矢板祭り」でした!

当日は、利用者様、家族様、地域の方々、ボランティア・・・

沢山の方に来所いただき盛大に開催する事ができました♪

ありがとうございました。

 

午前は、模擬店!!

    

午後は、大田原市吹奏楽団の演奏&ダンス&矢板音頭♪

    

    

   今年のお祭りも、みなさんの笑顔いっぱいでした(*^_^*)♪

 

是非、ブログでは紹介しきれない沢山の写真がありますので、施設まで観に来てください!

近日中に公開予定です!!

 

パッチワークキルト展 (かさね生活館・ケアコートかさね)

先日、那須野が原ハーモニーホールで開催されている

「パッチワークキルト展」へ希望者を募って行ってきました♪

沢山の作品が展示されていて、圧巻でした!!

みなさま、目をキラキラさせながら作品をみていました(*^_^*)

 

ひとつひとつの想いのこもった作品をみて温かい気持ちになりました♪

 

通所リハビリでリンゴ農園へ出かけました!(かさね生活館)

皆様こんにちは!

矢板市は朝方の冷え込みが強くなってきました。

寒暖差の激しい季節ですが、体調を崩さないように気を付けて生活しましょう。

ケアプラザでは利用者様を乗せてリンゴ農園へ出かけました。

外は小雨で生憎の天気ではありましたが、

皆で美味しいリンゴとジュースを試食して大満足の様子です。

家族様へのお土産も袋いっぱいに購入されて、

送迎車が1台丸ごと、お土産のリンゴ袋とリンゴジュースで埋まってしまうほどでした。

また来年もリンゴを買いに来たいですね!

第29回全国介護老人保健施設大会in埼玉

皆さんこんにちは!

ケアプラザ矢板でリハビリを担当している作業療法士の

宇藤 昌宏です。

 

10/17~19 に第29回全国介護老人保健施設大会に研修・演題発表で参加してきました。

1日目はリハビリテーションの全体講習会を聞き、

2日目は全老健に「施設の外で運動会だ!~地域生活支援活動の第一歩」という演題で発表させてもらいました。

演題発表では、「地域に目を向けた取り組みは素晴らしい」、「私の施設でも取り組んでいきたい」との嬉しい意見も聞かれました。

初めての全老健大会の参加でしたが、ケアプラザ矢板を全国にアピールする機会、又自分の業務を見直すきっかけにもなる内容の濃い3日間となりました。

遠足 (かさね生活館・ケアコートかさね)

10月11日(木)は、日光へ遠足でした(*^_^*)

今回は、参加者26名(職員含む)の遠足でした♪

 

場所は、日光!!

先ずは、道の駅日光で昼食です。

そして、日光猿軍団!!

可愛いお猿さんが、サッカーをしたり・・・色々披露してくれました。

みなさま、お猿さんを見てニコニコされていました(*^_^*)♪

 

とっても楽しい1日になりました。

最後に、みんなでお猿さんポーズ!!