ケアプラザ矢板のブログ

老人保健施設・短期入所生活介護(ショートステイ)・通所リハビリテーションセンター、サービス付き高齢者向け住宅の矢板市の複合施設ケアプラザ矢板から情報を発信します。

TEL.0287-44-2011

〒329-2135 栃木県矢板市中2011-4 

介護老人保健施設かさね

施設内研修会「紙おむつのあて方のポイント」 (全体)

皆様こんにちは、施設長の高瀬と申します。

昨日4日は、白十字株式会社様より講師をお招きし、研修会を開催いたしました。

看護、介護職員には日常業務を再確認し、リハビリや事務職員にとっては新たな学びの機会となりました。

おむつをあてるポイントがわからず、あたふたしている私をよそに、

手際の良くこなす看介護職員の姿には頼もしさを感じました。

今後も様々な研修を通し、職員のレベルアップを図っていくとともに、

我々の知識や技術を地域に発信していきたいと思います。

 

東武ワールドスクウェアへ遠足へ行きました。(老健かさね)

皆様こんにちは!

5月になり、徐々に気温も上がってきましたね。

早朝は寒いことも多く、小まめに服装の調節が必要かもしれません。

 

さて、先日はケアプラザの老健かさねにて東武ワールドスクウェアに遠足へ出かけました☆

園内にはいろいろな建物が並び、見どころがいっぱいです。

利用者の皆様は、施設の中で過ごす時間が多い分、久々の外出で楽しまれていたようです。

お天気にも恵まれ、とてもいい笑顔で写真が取れました。

またこのような機会があると思いますので、元気に外出できるよう、日頃のリハビリやレクリエーションも頑張っていきましょう♪

この記事は、ケアプラザ矢板 薗部が書きました。

☆リンクハート様の訪問販売☆(全体)

皆さんこんにちは!

今日はリンクハート様が来てくれました。

素敵なお名前ですね☆

訪問販売という事で初めてケアプラザに来たのですが、品ぞろえも豊富で、

利用者様方も楽しんで買い物をされていました。

今回はおせんべいや漬物、乾物が並んでいました。

ご飯のお供に良さそうです♪

中にはたくさん買い物をしている方もいて、食べ過ぎないか心配です。

美味しくても、血糖値が上がりすぎないよう、少しずつ食べて頂きましょう♪

皆様からは、次回も来所して欲しいとアンコールの声も聞かれましたので、

次回を楽しみに待ちましょう!

この記事はケアプラザ矢板 薗部が書きました。

 

 

 

ケアプラザのリハビリ職員に新たな仲間が加わりました!(全体)

こんにちは!

最近は徐々に気温も上がり、春の訪れを実感できるようになりましたね。

春の変化と言えば、進級、進学、就職などで、今までの生活がガラっと変わる方も多いのではないでしょうか?

そんな中、ケアプラザにも変化があり、

新たにリハビリ職として2人の仲間が加わりました(*^_^*)

「作業療法士」「高野 明穂」(タカノ アキホ)さんと、「関 裕子」(セキ ユウコ)さんです!

今後の活躍にご期待ください!!

この記事はケアプラザ矢板 薗部が書きました。

創作 絵手紙教室が開かれました(かさね生活館)

皆様こんにちはー!

恒例の(イベントになりつつある)絵手紙教室が開催されました!!

今回も「先生」には時計や柿、花、コマなどの下絵を書いて頂き、

みなさん熱心に色付けを行っていました。

同じイラストでも色付けは全く異なり、十人十色、個性が溢れていますね♪

記念撮影もばっちり行いました。

いい笑顔ですね(*^_^*)

最後はみんなの絵手紙を読んで感想を述べて頂きました。

熱心なアドバイスに集中して聞き入っていました。

また、ケアプラザ内に展示されますので、是非、見に来てくださいね。

それでは、また次回♪

この記事は、ケアプラザ矢板 薗部が書きました。

 

 

 

創作 (ケアコートかさね)

昨日・今日と2日間、ケアコートかさねでは希望者を募り「創作」をしました。

今回は、ひな人形の切り絵に挑戦しました。

みなさん、初めての切り絵!?に真剣(無言)・・・。

とっても素敵な男雛・女雛の切り絵の飾りが完成しました!!

少し難しかったですが、是非、次回も挑戦したいと思います(*^_^*)♪

(この記事は、ケアプラザ矢板 橋本が書きました)

通所のレクリエーションで絵馬を作りました♪(かさね生活館)

今日は通所リハビリの中で絵馬を作ったので紹介したいと思います!

かさねの通所では、ゲームだけでなく物作りも行っております。

イノシシとだるまの種類があるのですが、皆さん、集中して取り組まれていました。

出来上がった作品も、個性あふれるものに仕上がっており、世界で一つだけの絵馬になりました!

手作業や願い事を考えるのは、頭の体操にもなって良いですね。

皆さんがどんな願い事を書いたのかは・・秘密ということで♪

この記事は、ケアプラザ矢板 薗部が書きました。

 

摂食・嚥下機能の勉強会がありました!(全体)

皆さん、こんにちは!

突然ですが、矢板市には市内の介護施設で作る

「矢板市介護サービス事業者連絡協議会施設部会」というものがあります。

矢板市のサービスを向上させるべく、日々色々な活動をしていますが、

その施設部会で摂食・嚥下について勉強会が開催されました。

講師は当施設の言語聴覚士(ST)である鉢村さんです。

高齢者というと、足腰が弱いとか認知症があるといったイメージがあるかもしれませんが、

実は食事の呑み込みも衰えます。

上手く飲み込めないと「誤嚥性肺炎」になり入院したり、

入院中に足腰が弱って立てなくなることもあります。

また、公益財団法人長寿科学振興財団によりますと、2016年の高齢者の死亡原因は、

1位:悪性新生物(がん)、2位:心疾患、3位:肺炎となっており、

死亡した肺炎患者の97%は65歳以上となっているそうです。

それだけ肺炎というのは、誰にでも起こり得る身近な病気になっているんですね。

勉強会の中では、誤嚥の起こるメカニズムや誤嚥しやすい姿勢、

薬と誤嚥の関係性や注意するポイントなどを学びました。

これで、日々の食事介助もより良いものになりそうですね♪

 

その他、施設で使っているトロミ剤も体験しました。

最近のトロミ剤は味が変わりにくく、簡単に使えるのでびっくりです。

ご家族様の中で「嚥下が上手くできているか心配」という方が居ましたら、

お気軽にご相談ください。

この記事は、ケアプラザ矢板 薗部が書きました。