ケアプラザ矢板のブログ

老人保健施設・短期入所生活介護(ショートステイ)・通所リハビリテーションセンター、サービス付き高齢者向け住宅の矢板市の複合施設ケアプラザ矢板から情報を発信します。

TEL.0287-44-2011

〒329-2135 栃木県矢板市中2011-4 

摂食・嚥下機能の勉強会がありました!(全体)

摂食・嚥下機能の勉強会がありました!(全体)

皆さん、こんにちは!

突然ですが、矢板市には市内の介護施設で作る

「矢板市介護サービス事業者連絡協議会施設部会」というものがあります。

矢板市のサービスを向上させるべく、日々色々な活動をしていますが、

その施設部会で摂食・嚥下について勉強会が開催されました。

講師は当施設の言語聴覚士(ST)である鉢村さんです。

高齢者というと、足腰が弱いとか認知症があるといったイメージがあるかもしれませんが、

実は食事の呑み込みも衰えます。

上手く飲み込めないと「誤嚥性肺炎」になり入院したり、

入院中に足腰が弱って立てなくなることもあります。

また、公益財団法人長寿科学振興財団によりますと、2016年の高齢者の死亡原因は、

1位:悪性新生物(がん)、2位:心疾患、3位:肺炎となっており、

死亡した肺炎患者の97%は65歳以上となっているそうです。

それだけ肺炎というのは、誰にでも起こり得る身近な病気になっているんですね。

勉強会の中では、誤嚥の起こるメカニズムや誤嚥しやすい姿勢、

薬と誤嚥の関係性や注意するポイントなどを学びました。

これで、日々の食事介助もより良いものになりそうですね♪

 

その他、施設で使っているトロミ剤も体験しました。

最近のトロミ剤は味が変わりにくく、簡単に使えるのでびっくりです。

ご家族様の中で「嚥下が上手くできているか心配」という方が居ましたら、

お気軽にご相談ください。

この記事は、ケアプラザ矢板 薗部が書きました。

 

 

« »